職場内のパワハラが解消しないのなら転職

DENTAL WORKエントリーはこちら

看護のお仕事エントリーはこちら

耐えられないパワハラなら転職を

最近、大きな社会問題となっているのが、パワハラです。パワハラは、パワーハラスメントの略語で、職場の中で権力や地位を持つ人間がその立場を利用して、部下の人格を否定するような事を言ったり、行為を行う事を言います。また、業務を超えるような過大な要求を強いたり、逆に過小な要求を強いる行為もパワーハラスメントに含まれます。中には職場内で暴力をふるわれることもあるようです。パワーハラスメントは職場内でのいじめであり決して許される行為ではありません。

耐えられないパワハラなら転職を

大人のいじめから逃れるリスク

大人になってからのいじめは、子供の頃のいじめと比べてみてもさらに悪質になっている印象を受けます。それは子供のいじめとは異なり、いじめから逃げるリスクが非常に大きいからです。子供のいじめは、転校やフリースクールに通うなど逃げ道もあります。しかし職場内でいじめにあうと簡単に逃げることができないのです。
アルバイトであれば他のアルバイト先を探すことも可能ですが、正社員としてやっとの思いで入社した場合には、安易に退職する事が難しくなってしまいます。正社員であっても、若い内は就職活動をやり直す事ができるかもしれませんが、30代になると再就職先を探すのが難しくなってしまいます。さらに家庭を持っている場合には、家族を養わないといけません。このようなことからも分かるように、大人のいじめから逃げるにはリスクが高くなってしまうのです。

大人のいじめから逃れるリスク

上手く逃れるにはエージェント

パワハラから逃げるためには部署を異動するか、退職または転職するしか方法はありません。しかし人間関係がうまくいかないからとの移動は難しく、パワハラやいじめが原因で部署を移動した場合にはメンツがつぶされたなどといって、上司が人事部に圧力をかける場合があります。また大きなところでは職場内カウンセラーや相談窓口を作っていますが、実際に部署移動などの救済処置をしていないところもあります。相談窓口などもなく、誰にも相談できずに一人で悩んでいる社員も大勢います。
では、パワハラから上手に逃れるにはどうすればいいのでしょうか。それはズバリ、思い切って転職をするということです。今の時代、そう簡単に転職できるの?と不安に感じる人は多いと思いますが、転職エージェントを活用すればそんなに難しいことではありません。それらのエージェントでは希望に合う求人を探し出してきてくれたり、履歴書の正しい書き方、面接のポイントなどをサポートしてくれるのです。しかも最近のエージェントではそれらのサービスが無料で受けることができる場合が多いのです。全国の求人を持つところや地域密着型、はたまた業界特化型など様々ありますので、自分に合う転職エージェントを探してみてはいかがでしょうか。

上手く逃れるにはエージェント